› サーフィン初心者上達の秘訣 › ロングはショートよりもカットバックしやすい

 

テイクオフ成功の法則

2017年02月08日

ロングはショートよりもカットバックしやすい


          ↓


この日は緩いオフショアの影響で波が少し切り立っていてロングボードには最高でした。ショートボードには全然ものたりない小波でも、ロングボードだととっても気持ちいいんですよね。ロングボードは小波でもスピードがでるし、しかも超ロングライドができるからです。

この女性ロングボーダーもこの日の波を十二分に満喫していました。これは、まさにスピードがマックスに達している瞬間。ライダーの心境はいかなるものでしょうか。

実は彼女、キャー!と心の中で叫んでいるのです。












これもまたサーフィンの醍醐味。波がクローズするのが見えていながらどうすることもできなかったんですね。というか、おそらく彼女は「ここで終わり」と覚悟したかもしれません。しかし、実はそうではありません。


目の前で波がクローズしそうになったら、板を逆方向に切り返せばいいのです。そうです、カットバックです。もし彼女が守備よくカットバックできていたなら、さらに波に乗り続け、ついには岸に到達していたことでしょう。カットバックができない人には想像できないことですが、それができるようになると信じられないほど長く波に乗り続けられるのです。


意外なことですが、ロングの方がショートよりもカットバックは成功しやすいのです。なぜなら、ロングボードは波のボトムにいてもカットバックできてしまうからです。ショートでそれをやろうとすると失速してしまうので、まずはアップスをかます必要があります。一方で、ロングは波が押してくれるので失速しにくいという利点があります。

ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ



Posted by Tsuyoshi at 09:00

<?=$this->translate->_('削除')?>
ロングはショートよりもカットバックしやすい