› サーフィン初心者上達の秘訣 › 2017年08月

 

テイクオフ成功の法則

2017年08月14日

「遠パドリング」でサーフィンの世界が変わります!



YOUTUBEのサーフィン講座「サーフィン教えます!」の第11回目をアップしました。この動画は私がオーストラリアのゴールドコーストに行った3年前に作ったものを再編集したものです。


この中で熱く語っているように、とにかくゴールドコーストのサーフポイントはカレントがきついです。ボードに座ってゆっくり波待ちしているサーファーなどいませんし、それをしようものならアッという間に1キロくらいは流されてしまいます。





波がない日は海に入らない...ではなく、そんな日こそチャンスです。そう、パドリングの練習にはもってこいではありませんか。待ってましたとばかりにそのフラットなコンディションを前向きに捉え、海に飛び込みましょう!


そうすれば、そのときからサーフィンの世界が変わります。もう波なしの憂鬱から抜け出すことができるからです。



パドリングそのものがスポーツ




パドリングは水泳と同じ。楽しめるようになるとパドリングはグングン上手くなりますし、それに比例するようにサーフィンが上手くなっていきます。

ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

2017年08月07日

サーフィン初心者がターンするために

サーフィン初心者にとってサーフボードの進行方向を変えること、つまりターンは最初に立ちはだかる大きな壁です。これができるとできないとではやってること(サーフィン)が決定的に違いますので、絶対にマスターしたいところです。


ターンができないサーフィン = 波に運ばれている


サーフィンスクールでインストラクターにボードを押してもらってのサーフィン。これがそうでして、ボードの行先は波に聞くしかありません。これにはサーフィンの面白さの100分の1もないでしょう。




はらさん、こんにちは。アドバイスいただいてハッと気づいたことがありました。思い込みで足は肩幅と思っていたので後ろ足をできるだけ前に近づけるように持ってこないとという意識でいましたが、肩幅よりやや広めで良いと思うとスタンスが安定しました。

そうしたら、なんだかボードの方向も少し変えられる様な感じがしました。動画はないので文章だけですが、そう意識を変えたら一昨日、(膝くらいですが)綺麗な波でターンできました。



メールをいただきました。ターンするたには、後ろ足はボードのテール部分を踏んでいる必要があります。特にサーフィン初心者やビギナーはです。理想はボードのレールを波のフェイスに入れてのターンですが、これには上級テクニックが必要です。なので、手っ取り早いのはテールを踏んでノーズを少し浮かすやり方になります。


その極端な例が、ロングボードにおけるピボットターンです。ノーズを浮かせるとボードが左右に傾きやすくなります。その状態であれば、少しの体重移動で楽々とターンできてしまいます。





近年、サーフボードデザインに革新的なことがありました。それはテールの形状を左右非対称にして、ターンをやり易くするというものです。サーフィンのターンはフロントサイドとバックサイドの2種類あるわけでして、つまり「つま先加重」と「かかと加重」です。それぞれに適したボードデザインを追求すると、左右の形状は異なるという理論に基づいています。



非対称ボードは主にフィッシュ系のデザイン。フィッシュボードはサーフィン初心者には難しいので、絶対に手を出してはいけません。でも、参考のためにちょっと見ておいてください。


ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 10:00サーフィン上達方法