› サーフィン初心者上達の秘訣 › 2017年09月

 

テイクオフ成功の法則

2017年09月28日

今流行の大技 ~ クローズアウト・リエントリー









ポルトガルで行われているQS10000(WQS最高ランクの大会)でカノア・イガラシが見せたクローズアウト・リエントリー。



波が完全にブレイクして全てがスープになってしまうとき、演技の締めくくりとして仕掛ける大技。それがクローズアウト・リエントリー。ちなみにリエントリーとは「再び波を滑り降りる」という意味ですが、近年のサーフィン大会では演技をコンプリートさせるためのフィニッシュとして使われることが多いです。









昔なら普通にローラーコースターとかロールインとか呼んでいた技ですが、それでは物足りないのでもっと迫力のあるネーミングを考えたんでしょう。なので、頭以上あってパワーのある波でないとクローズアウト・リエントリーとはいえません。

ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

2017年09月26日

スペシャル特典を差し上げます/東京オリンピックを応援しよう!



東京オリンピックまで、あと3年。競技サーフィンを10倍楽しむための教材を作りました。これを読めば、競技サーフィンの歴史から仕組み、ジャッジの方法まで全てわかります。

◆WCTとWQSは天国と地獄?

◆ISAとNSAは一枚岩ではない?

◆世界選手権のチャンピオンは世界チャンピオンではない?

◆JPSAはガラパゴスってほんと?

◆審査員にうける技って何?

などなど、けっして大声では話せない内輪事情が満載です。



そして、東京オリンピックを記念してサーフィン初心者脱出プログラムが新しくなりました。いまだもってこのサーフィン教材は史上最強です。これ以上の教材はないと自負しています。まだ購入されていない方はお早めにどうぞ。




パスワードは共通のあれです。教材添付のテキストファイルに記載しています。紛失した方はメールでお問い合わせください。
↓  ↓  ↓
スペシャル特典をダウンロードする


ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 08:48サーフィン新着記事

2017年09月25日

宮崎で今、サーフィン世界ジュニア大会やってます!



ISA(世界アマチュアサーフィン連盟)主催のジュニア世界大会を宮崎県のお倉が浜サーフポイントで先週末からやってます。この大会は東京オリンピックの前哨戦ともいえる重要な位置づけにあります。




今日も波は最高でして、胸方サイズがどんどんきています。やっぱりこのポイントは宮崎でナンバーワンです。



前日までのハイライト映像はこちら ↓ ↓ ↓




ライブ配信は →  こちらです。

ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ


  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 08:49サーフィン大会情報

2017年09月23日

種子島で初めてのJPSA大会

JPSA(日本プロサーフィン)の第6戦が鹿児島県の種子島で開催されています。種子島は言わずと知れたサーフィン天国でして、全長180キロほどの海岸線はほぼ全てがサーフポイントなのです。





なので、どんな気象条件でもどこかでいい波が立っています。大会も連日いい波を求めて日々移動していまして、今日はホテル前ですね。私が行ったときもこんな小ぶりのいい波でした。

ちなみにこのビーチの前にある大きなホテル(いわさきホテル)は2008年に一旦閉館して幽霊ホテルと呼ばれていましたが、2016年に営業を再開しています。ロケット効果ですね。

ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:10サーフィン大会情報

2017年09月22日

完璧な波は飽きてしまうのではないか



先日、ついにWCTサーファーによるウェーブプール・サーフィン大会が行われました。これはサーフィンの歴史に残るであろう出来事です。まさに、この2017年はウェーブプール元年と言っていいでしょう。


優勝したのは男子がブラジルのガブリエル・メディーナ、そして女子がハワイのカリッサ・ムーアでした。



ウェーブプールでのサーフィン大会はこれまでにも他の施設でいくどか開催されていて、その盛り上がりは実証済みでした。そして、今回のサーフランチ(ケリー・スレーターがプロデュースするカリフォルニアの施設)も大盛り上がりだったようです。





自然の波で大会をやっていると、様々なストレスがあるわけです。一つには波が悪いとか波がないとか。また一つには現地まで行くのが大変だとか、住み心地が悪いとか。それに比べてウェーブプールは快適すぎて、その感激がそのまま大会の盛り上がりになっている気がしないでもありません。


というわけで、この盛り上がりは一時的なものなのではないか...と心配したりもします。そもそも、なぜサーフィンは他に類をみないほど楽しいのか。それは自然が作り出す波と戯れるからなんです。一方でウェーブプールの波は完璧すぎて変化に貧しい。それをいつまで楽しめるかは疑問に思います。

ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ


  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:36サーフィン新着記事

2017年09月21日

ドローン撮影/ケリーの最新ウェーブプール



WCT終盤戦の前にケリー・スレーターがプロデュースする最新ウェーブプールでCT選手を招いたイベントがあるそうです。で、今回はその施設の空撮が披露されました。


ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ


左側が波が立つところで、右側に見えているのは溜池と思われます。こうして見るとかなりの規模ですね。波は2本同時に発生してまして、もしかして1本はレギュラーでもう1本はグーフィーでしょうか。


映像はこちらで見れます。

サーフィン初心者脱出プログラム

サーフィン専用バランスボード

サーフィン・ステップアップ プログラム

スケボーでサーフィン上達
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:53サーフィン新着記事

2017年09月19日

サーフボードを車のルーフに載せるのが楽になった話

サーフボードを車のルーフ(天井)に載せて海に行く人ってほとんどいなくなりましたよね。バブルのころはみんなそれがカッコいいと思っていて、ある丘サーファーはボードをキャリアにネジ止めしてたって笑い話があるほどでした。



しかし今は...見た目的にダサいし、なんといっても風で飛ばされるんじゃないかという心配があってルールに載せる人はほとんどいなくなりました。とはいえ、小さい車に長いボードは入りません。だからやむを得ずルーフに載せないといけない人はいるわけです。特にロングボードはそうですね。


ルーフに載せるにはルーフキャリアが必要なわけでして、これがけっこう邪魔なんですね。海に行かないときは。あと、あれが付いてるとルーフが洗えません。





というわけで、いいもの発見↑ ↑ ↑  インフレータブル自動屋根ラックというものでして、これなら脱着が簡単だし、何といっても値段が安いのがいいです。


サーフィン初心者脱出プログラム

サーフィン専用バランスボード

サーフィン・ステップアップ プログラム

スケボーでサーフィン上達
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン用品

2017年09月18日

セットの波を沖で待ちすぎてはいけない



先週やっていたWCT(プロサーフィン世界ツアー)の第8戦、アメリカ西海岸ローワー・トラッセルズ大会。ジョーディー・スミス(上画像)とジョンジョン・フローレンスが圧倒的な強さを見せていて、誰もが優勝は二人のうちのどちらかだと思っていました。


しかし結果は...今大会まったくのダークホースだったフィリッペ・トリード(ブラジル)が優勝。いったいどうしたことでしょう。





つまり、ジョーディとジョンジョンはどちらともセットのいい波を待ちすぎたのです。今年のトラッセルズは例年になく波数が少なくて、1ヒートに入ってくる大きなセットは数本しかありませんでした。そのセットさえキャッチすれば間違いなく10点満点に近いエクセレントスコアを叩きだしていた二人。でも、キャッチできると信じすぎて負けてしまったんです。


一方のフィリッペはどうだったかといえば、乗れる波はとりあえず乗っとこという作戦でした。波数が少ないそういったコンディションでは常套手段なのですが。あまりに調子がよすぎて、ジョーディとジョンジョンはそれができなかったのでしょう。





翻って、私たち一般サーファーも思い当たる節があります。たま~に入るセットの波を沖で待ちすぎて結局はぜんぜん乗れないこと。そんなときふとインサイドの方を見ると、けっこう波に乗ってる人がいるではありませんか。


しばらく乗れる波が来ないと感じたら、すぐにパドルバックをしましょう。サーフィンは横への移動が大事ですが、前後の移動もとっても大事です。


ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ


  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

2017年09月14日

ウェイブプールでサーフィンの歴史が変わる?



ISA世界選手権フランス大会(今年5月)期間中に世界各国の選手たちがフランスにあるウェイブガーデン(最新式の屋外ウェイブプール)でサーフィンする映像が公開されました。


さすがにマシンブレイクだけあって各選手たちが繰り出す技はどれもこれも完成度が高く見えます。もちろん日本人選手団のサーフィンもアメリカやオーストラリアの選手に引けを取っていません。





注目はサーフィン後進国のライディングです。サーフィンの歴史はサーフィンができる波がたくさんある国の歴史でしたが、このような次世代のウェイブプールが陸地にどんどん建設されていけば...


中国人の彼はとても代表選手といえるレベルではありませんが、10年後20年後の中国人選手は日本選手団を脅かしているかもしれません。

サーフィン初心者脱出プログラム

サーフィン専用バランスボード

サーフィン・ステップアップ プログラム

スケボーでサーフィン上達
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 21:56サーフィン新着記事

2017年09月11日

ロングボードはチューブに入れない?



ロングボードでハレイワ(ハワイ・ノースショア)のチューブ波をメイクするのは天才ロングボーダー、ジョエル・チューダーです。




こんなふうにロングボードでチューブライディングしているシーンって、あまりお目にかかることないですよね。というか、ロングボードでチューブライディングできることを知らない人が多いのではないでしょうか。


YOUTUBEで検索すると動画があるにはあるのですが、やっぱりレアです。で、そのほとんどはハワイのビッグウェイブでしかも過去の映像だったりします。ライダーはジョエルかボンガでして、日本人はまずないです。




つまり、ロングボードのチューブライディングは物理的に無理があるということです。なので、よほど技量のある人が、よほど好条件の波に乗ったときにしか実現しないわけです。念のためですが、ここでいうチューブライディングとは体がすっぽりバレルの中に入ることです。


そもそも、ショートボードが生まれた背景にはチューブライディング攻略がありました。いかにしてフォームボール(スープの塊)がボードに当たってしまうのを回避するか。それには可能な限りボードを短くすることが有効なのは明らかです。




ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:09サーフィン上達方法

2017年09月04日

近い将来のサーフィン事情



ケリー・スレーターがカリフォルニアで試験運転している新しいシステムによるウェーブプール。その第2弾となる映像が配信されています。乗っているのはサーフィンの神様と称されるハワイのジェリー・ロペス氏ではありませんか。





私の地元、宮崎県には10年ほど前まで当時世界一といわれたウェーブプールがありました。その波は非の打ちどころのない完璧なチューブ波でしたが、なにせ維持費が半端なかったのです。結局は施設(オーシャンドーム)は閉鎖されてしまいました。


という過去の悲しい事例を参考にして、近年のウェーブプールは維持費があまりかからないことを第一に考えているものと思われます。もちろん、ケリーの手掛けるものはそうなっているはずです。


つまり、利用料金が安い。どうでしょう。まる1日遊べて5000円だったら...行くと思いませんか。でも毎日は無理。というか、毎日は飽きてしまいます。そこはそれ、自然が作り出す波のようなバリエーションがないので。





あと、東京オリンピックの次のオリンピックではウェーブプールでの開催になるかもです。そして、近い将来のサーフィンはウェーブプールが主流になるかもしれません。

サーフィン初心者脱出プログラム

サーフィン専用バランスボード

サーフィン・ステップアップ プログラム

スケボーでサーフィン上達
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 08:46サーフィン上達方法

2017年09月02日

横に走るのは1日でマスターできる!



無料レッスンを受けにきてくれた小田原の彰子さん(26歳)。彼氏につられて始めたサーフィンでしたが、数年たってもぜんぜん上手くならないので挫折寸前だったとか。そんな彼女が...





はらさんのレッスンは今まで私が受けていたスクールとは全然違いました。もうサーフィンを辞めたいと思っていた私でしたが、そんな私に横に滑る楽しさをたった1日で教えてくださいました。

ミスターテイクオフを買って家で動画を見ながらきちんとやっているつもりでしたが、やはり直接ご指導頂くと悪い癖がたくさん見えてきました。やっているつもりはダメですね。はらさんの直接指導はやはりサーフィンが上手くなるのに必要不可欠でした(☆∀☆)

また宮崎に行きたいです。海もキレイで、料理も最高★です。 はらさんがサーフィンの素敵なサーフポイントをいっぱい教えてくれるし、色々な知識もつくし、とてもいい旅でした。 はらさん、ありがとうございました(*^^*)






冒頭の動画はダイジェスト版です。彰子さんのレッスン詳細はサーフィンDVD購入者に公開します。では、こちらからお入りください。 ⇒ 追加教材のページ
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 08:00サーフィン初心者

2017年09月01日

たった8か月でサーフィン初心者脱出



東京からサーフトリップで宮崎に来られたグッチーさん(28歳)です。

実はこのグッチーさん、サーフィン始めてまだ”たった8か月”なんです。

この「たった8か月」というフレーズ、どこかで聞いたことありませんか。



そうです、私のサーフィンEブックのキャッチフレーズなんですね。

たった8か月でサーフィン初心者を脱出させてみせます~。

と豪語しているわけですが...
  続きを読む


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 22:16サーフィン初心者