› サーフィン初心者上達の秘訣 › 2017年07月

 

テイクオフ成功の法則

2017年07月31日

2017年07月24日

2017年07月18日

ショートボードのデザイン理論



「サーフクラブ」というサーフィン雑誌が創刊されていました。これって定期的に出るのでしょうか。復活した「サーフィンライフ」よりも中身が充実しているので期待したいものです。


私が注目したのは「サーフボードの論理的思考」というページでした。コンピューターを駆使してかなり細かいところまで考えてサーフボードをデザインする人が解説しています。




しかし、この解説をショートボード初心者が真に受けてはいけません。特に、「ワイデストポイントをテール寄りにすることでテイクオフが速くなるので初級者向き」という部分。ここで言ってる初級者というのは、私たちからすれば中級レベル以上のサーファーを指しているからです。


ワイデストポイント(最も横幅があるところ)がテール寄りということはノーズ側の面積が小さくなっているので、そういうボードはテイクオフのとき全体重を預ける両腕が不安定になります。いくらボードが早くホバリングに入ったとしても、両手を置いたところが不安定だったら立っていけません。


ボードデザインの解説としてはかなり参考になるものですが、テイクオフについては全く不安がないサーファーが対象と考えて読みましょう。

サーフィン初心者脱出プログラム

サーフィン専用バランスボード

サーフィン・ステップアップ プログラム

スケボーでサーフィン上達
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

2017年07月10日

2017年07月03日