› サーフィン初心者上達の秘訣 › サーフィン上達方法 › サーフィン用語「セットの波」とは

 

テイクオフ成功の法則

2018年04月23日

サーフィン用語「セットの波」とは



サーフィン用語で「セット」という言葉をよくサーファーは使いますよね。このセットの波とは


■ ショルダー(波のライン)が横に長い


■ 数本、連続でやってくる



ですが、人によっては前者のみを指して言っているかもしれません。つまり、ロングライドができそうな長くてきれいな波です。言葉そのままなら数本連続する波のことになりますが、いくら連続していてもショルダーが短くて面がガタガタの波はセットとは言わないのは間違いありません。



ハワイのビッグウェイブの場合、セットを狙ってサーファーたちは波に乗ります。そして、「セットの何本目」という具合に狙いを絞ります。波が大きくなればなるほどパワーや形が読みやすくなるようです。

     ポチッと押してもらえると記事更新頻度が高くなります!ネコ
        ↓  ↓  ↓



同じカテゴリー(サーフィン上達方法)の記事画像
昔、宮崎空港周辺はサーフパラダイスだった
ノーズライディングは練習あるのみ
カットバック理論の核心とは
「生きてる波」に乗るべし!
東京の大井町でサーフィンできる!
ロングライドはサーフィンの基本
同じカテゴリー(サーフィン上達方法)の記事
 木崎浜でNSA1級のユーチューバー見つけました (2018-10-04 07:59)
 ヘザーブラウン風のマグカップ当選者 (2018-07-31 19:03)
 初心者脱出のカギはポップアップのテイクオフにある (2018-07-19 18:03)
 梅雨明け後の海の日はサーフィン日和 (2018-07-17 10:05)
 サーフィンライフに希望が湧いてきました! (2018-07-03 15:35)
 昔、宮崎空港周辺はサーフパラダイスだった (2018-07-03 15:32)


削除
サーフィン用語「セットの波」とは