› サーフィン初心者上達の秘訣 › 2017年05月

 

テイクオフ成功の法則

2017年05月22日

なぜショートボードのノーズは尖っているのか



これはサーフィン初心者向けの、いわゆるファンボードです。ファンボードの定義については以前語っていますのでここでは割愛するとして、こんなにノーズが尖ったもの(ショートボードの形状)と...





ノーズが丸いもの(ロングボードの形状)とがあります。




ご無沙汰しています。昨年9月にミスターテイクオフならびにサーフィン初心者脱出プログラムを購入した●●です。昨年は結局ほとんどサーフィンが出来ず、今年こそ本格的に始めようと思っています。

そこでサーフィンを始めるにあたりボードの購入を考えています。はらさんの教材ではファンボードではなく7-8フィートのセミロングボードを勧められていますが、これはただ単に長さだけの問題でボードの形状は関係しないのでしょうか?

例えば同じ7.6フィートのファンボードでもロングボードタイプとショートタイプでは乗りやすさは変わりますか。もし形状によっても乗りやすさが変わるのであれば初心者の練習にはどちらを購入するのが良いと考えられますか。



これは先日いただいた質問メールでして、私は迷いなくロングボードタイプを勧めました。そもそも、なぜショートボードのノーズは尖っているのか。その理由をちゃんと知っていれば、サーフィン初心者の方がショートボードタイプのファンボードをチョイスするはずがないのです。


その理由は簡単です。ノーズが細く尖っているほどボードがキビキビと動くわけで、逆にノーズが丸いとクイックなターンは難しくなりますが、そのかわりに直進安定性は優れます。だから、サーフィン初心者さんは迷いなくノーズが広くて丸いものを選ぶべきなのです。


ましてや、かっこいいからという理由で最初からショートボードを使っているとサーフィン上達はままなりません。挫折する人のほとんどはそれなんです。

ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

サーフィン初心者脱出プログラム

サーフィン専用バランスボード

サーフィン・ステップアップ プログラム

スケボーでサーフィン上達
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

2017年05月15日

宮崎での宿泊は、なんと1139円ですって

エアビーって聞いたことありますか(エアビー・アンドビーというのが正式名称)。いわゆる民泊のことでして、世界規模で展開しているネット予約サービスです。私の自宅もシェアルームという形でこれに登録していますので、宮崎にサーフトリップにいらした際は是非ご利用ください。


私は1年半ほど前に宮崎市から30キロほど離れた綾町という照葉樹林帯が広がるところに移り住んでいまして、そこで山や川の大自然を満喫する生活を送っています。海まではちょっと遠いのですが、それでも車で1時間半くらいなので都会の方々にとっては無問題だと思います。日中は海、朝夕と夜は里山。心が癒されること請け合いです。


もちろんサーフィンに関するアドバイスやサーフィン談義はてんこ盛りです。で、気になる料金なんですが...なんと今現在1139円になってます。「なってます」って、これエアビーが相場で勝手に決めてるんです。つまり、「あなたの地域ならこれが妥当」ってされちゃってます(笑)。


というわけで、驚愕の激安価格ですので是非ご利用ください。というか、利用した方がいいです。 → ご予約はこちらからどうぞ。





庭にドッグランを作りました。これは無料ですのでワンちゃんも大歓迎です。

ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:00

2017年05月08日

サーフィンがスポーツニュースで報じられない理由

東京オリンピックの正式種目に決まってからスポーツクライミング(ボルダリング)の大会結果はスポーツニュースでよく報じられるようになりました。しかし、同じく東京オリンピックの正式種目となったサーフィンはどうでしょう。ぜんぜんニュースで取り上げられないですね。この違いはいったい何なのか、私なりに考えてみました。



まず、一番の理由はボルダリングは見ていてわかりやすいことにあると思います。だからニュースにしやすいわけです。裏返せばサーフィンの勝敗は一般の人には実にわかりにくく、ニュース番組を盛り上げるネタになりにくいのです。この状況というのは実際にオリンピックが開催されたときにも起こると予想されます。つまり、ボルダリングは報道されるけどサーフィンはあまり注目されず報道もされないのです。



その他の理由としてはサーフィンにはワールドカップのような世界大会がなく、それに相当するものもないからです。サーフィンの競技団体は数が多くてカテゴリー別けが複雑なので、どの大会に注目すればいいのかマスコミは困っているはずです。世界最高峰のWCTに日本人がクオリファイしていれば取材するでしょうが、今のところ日系人のカノア君だけなのでこれではニュースにはなりません。



というわけで、このままではサーフィンは「オリンピックでやってたの?」ということになりかねません。この危機意識ってサーフィンのオリンピック委員会はわかっているんでしょうか。

ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法