› サーフィン初心者上達の秘訣 › 2017年06月

 

テイクオフ成功の法則

2017年06月28日

2017年06月26日

2017年06月22日

2017年06月19日

2017年06月15日

実質的ナンバーワン日本人プロ選手の年収とは



大原洋人プロはJPSA(日本プロサーフィン)でチャンピオンになったことはありません。しかし、今や日本人としてダントツのナンバーワンであることは誰もが認める存在となりました。もう、大野マーの時代は過去のものとなったのです。


上の動画は直近のものでして、ムラサキスポーツとスポンサー契約した際に収録されたインタビュー。この中でプロサーファーの年収について具体的な話をしています。推測するに、おおよそ1000万円...でしょうか。そもそもサーフィン(ショップ経営やスクールを除く)だけで食べていける日本人プロ選手は数人しかいない極めて厳しい現実があります。


来年、WCT(世界ツアー)のメンバーに入ることができるのか。毎年10人ほどのメンバー入れ替えがあり、大原プロは今のところ候補の2番目に位置しています。これだけでも日本人プロの快挙でして、もしWCTに入ることができたら日本プロサーフィンの歴史を塗り替えることになります。そして、年収は10倍? ほんの数年前、WCTに入って年収1億円もらって女優さんと結婚する...そんな話を友人たちと無邪気に語っていた大原プロ。あのときはまだ、こんな日が来るとは誰も本気で思ってはいませんでした。

ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ


  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:03サーファーの暮らし方

2017年06月12日

2017年06月05日

プロサーフィンの鷹 ~ 井上鷹



2017JPSAロングボードの第3戦が千葉の太東で行われています。これは宮崎の野生児、井上鷹(16歳)がハングテンでスコアメイクしているところです。彼はショートとロングでプロテストに挑戦していましたが、今年の第1戦(バリ、クラマス)でまずはロングボードのプロになりました。




ラウンド5ではベテラン選手に対して全く尻込みせず、どうどうのラウンドアップをしています。




昔、テレビアニメで「グランプリの鷹」というのがありました。鷹を見ていると、まさしくあのアニメのヒーローを思い起こします。






ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン大会情報