› サーフィン初心者上達の秘訣

 

テイクオフ成功の法則

2017年08月23日

サーフキャンプを考える



サーフィンライフの9月号はサーフキャンプ特集です。キャンプ用品をいろいろ紹介してますが、それだったらアウトドア専門誌の方が何枚も上です。できればサーフキャンプが快適にできる場所をもっと詳しく紹介してほしいものです。


宮崎の各サーフポイントを考えた場合、私的にキャンプできるところが思いつきません。「キャンプしたい」と思っても実際にできるサーフポイントって全国的にかなり少ないのではないでしょうか。あと、日本の夏は湿度が高いのでキャンプが快適ではありません。特に海辺は潮風なので不快指数が高くなります。やるとすれば春秋でしょうね。




若いころ、新島でサーフキャンプしたことがあります。あのときはテイクオフすらまともにできなかったので、今思うと「せっかく行ったのに」という残念な思いがあります。でも、キャンプじたいはとても楽しかったです。サーフキャンプは場所と気候さえバッチリならほんとに楽しいものです。


ただ、大きな問題が1つありました。いえ、これは個人的な問題だったかもしれません。それは波の音です。夜中、波の音でぜんぜん寝付けなかったのです。すぐそこでドカーンドカーンと炸裂する波の音に大いなる畏怖さえ感じたものでした。

ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
  


Posted by Tsuyoshi at 09:12サーファーの暮らし方

2017年08月21日

波乗りジョニー

いつの時代も私たちのサーフィンライフを彩ってくれるのが音楽。私がサーフィンを本格的に始めたのは50歳目前のとき。そしてそれと同時に様々な楽器にもチャレンジしてきました。


YOUTUBEではサーフィンチャンネルの他に音楽チャンネルをやってまして(ハンドルネームは降人布留戸)、これはまだ軌道に乗っていません。音楽関連の動画の数はサーフィンの比ではありません。よほど完成度が高いものでなければ見向きもされない状況となっていて、私がアップした動画はまだまだ未熟なので再生回数やチャンネル登録者数は数えるほどです。






満を持してサザンオールスターズの「波乗りジョニー」をアップしました。この曲はピアノが肝なので、自分でやってみたかったのです。かなり苦労しましたが、なんとか完成させることができました。


もっと音楽に関しても技術を磨いて、これまでに私の教材やバランスボードを買っていただいた方々にステキなプレゼントを予定しています。よろしく応援ください。  


Posted by Tsuyoshi at 09:00サーファーの暮らし方

2017年08月14日

「遠パドリング」でサーフィンの世界が変わります!



YOUTUBEのサーフィン講座「サーフィン教えます!」の第11回目をアップしました。この動画は私がオーストラリアのゴールドコーストに行った3年前に作ったものを再編集したものです。


この中で熱く語っているように、とにかくゴールドコーストのサーフポイントはカレントがきついです。ボードに座ってゆっくり波待ちしているサーファーなどいませんし、それをしようものならアッという間に1キロくらいは流されてしまいます。





波がない日は海に入らない...ではなく、そんな日こそチャンスです。そう、パドリングの練習にはもってこいではありませんか。待ってましたとばかりにそのフラットなコンディションを前向きに捉え、海に飛び込みましょう!


そうすれば、そのときからサーフィンの世界が変わります。もう波なしの憂鬱から抜け出すことができるからです。



パドリングそのものがスポーツ




パドリングは水泳と同じ。楽しめるようになるとパドリングはグングン上手くなりますし、それに比例するようにサーフィンが上手くなっていきます。

ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
  


Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

2017年08月10日

いつまでサーフィン初心者でいますか?

いきなりですが、一輪車に乗れますか。小さな子供が乗ってるのを見て「乗ったことないけど、乗れるだろう」と思ったら大間違いです。

一度もやったことのない人が一輪車に乗るのは、すごく大変です。そして、間違いなくサーフィンよりも難しいと私は思います。

つまり、サーフィンは一輪車ほど難しくないということが言いたいわけです。では、なぜサーフィンをやってる人の大半がビギナーレベルのままなのでしょう。







それは、テイクオフが上手くできないからです。サーフィンはテイクオフしないことには始まりませんから。さらにもう一歩進んで、なぜテイクオフが上手くできないのでしょう。

それは、テイクオフの練習をじゅうぶんしないからに他なりません。

ここです、ここが重要です。一輪車なら、ほんの5分間で何回もチャレンジできるでしょう。しかしサーフィンはテイクオフ可能な波が来て、しかもそれを絶妙なタイミングでキャッチしなければいけないのです。波待ちだけで10分や20分はすぐにたってしまうことだってあります。







まったくもって当たり前のことですが、練習しなければ上手くなりません。しかしながら不思議なことに、このことがわかってる人はあまりいないようです。

「体力がないから」とか、「運動神経が鈍いから」と誰もが思っています。違います。そうではありません。練習しないから上手くならないだけです。



ミスターテイクオフ 購入ページ






ミスターテイクオフ(MR)を使ったポップアップのテイクオフ練習です。テイクオフしてレールを入れる動作が、MRを使った練習の一番のミソ。





後ろから見るとこうです。立つまで両足が滑るように動いているのに注目です。絶対にピョンと飛び上がってはいけません。で、立ったときにはレールが入ってます。このように、立つ動作とボードを傾ける動作を一連のシーケンスとして練習します。







ほとんどの人がこれをやりません。だから、いつまでたっても初心者なのです。運動音痴だからとか、センスがないからではありません。ただ単に...

練習しないから、それだけのことです。ミスターテイクオフは、まず下記URLサイトから専用Eブックをお買い求めください。その後、MR本体購入手順のお知らせメールが自動発信されます。
   ↓   ↓    ↓
ミスターテイクオフ 購入ページ



埼玉のJUNさんは5年間も万年初心者を続けてしまいました。そのJUNさんにインタビューし、思いのたけを全て語っていただきましたのでどうぞご覧ください。
   ↓   ↓   ↓
  


Posted by Tsuyoshi at 08:00ミスターテイクオフ

 

 

サーフィン上達方法を教えます!

 

サーフィン パドリング