› サーフィン初心者上達の秘訣

 

テイクオフ成功の法則

2017年10月20日

仙台新港のビッグウェイブは健在!



JPSAの最終戦は東北の仙台。仙台新港は日本屈指のビッグウェイブで有名ですが、震災を受けた後もその勇姿は健在です。




このすばらしい波をJPSAの最終戦で現してくれるとは、なんとサービス精神旺盛なことか。この演技はR3で登場した前回大会で優勝して勢いにのっている西慶司郎プロ。ここでまた優勝となれば一気にスターダムに上り詰めることでしょう。




パドルアウトはプロでも苦労するコンディションで、みんな海から上がってくるなり「パドルきつい」と言ってるそうです。


台風が接近していますので、明日以降のマネーラウンドの波はどうなっていくのか。ライブ中継は
        ↓  ↓  ↓


→ こちら
  


Posted by Tsuyoshi at 14:18サーフィン大会情報

2017年10月20日

GOPRO HERO6はどう進化したのか




GOPRO HERO6 のテスト撮影をやってますが、まあまあの進化を感じています。この動画は木崎浜に向かう国道220号線です。波がちょっとデカくて海に持って入れませんでした。映像では波小さいですが、実際はセットで頭ありました。

HERO5からの進化は、まず色味が鮮やかになったことです。これまでは編集で色調をいじってましたが、これからはその手間が省けそうです。あと、なんといっても手ブレ補正が強化されたこと。SONYのような光学系の補正ではなくてソフトで処理していますが効き目はすごいです。上の動画では補正をOFFにしてるので車の振動をもろに拾ってますね。ONにするとまったく画面がブレないです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】GoPro CHDHX-601-FW HERO6 Black [ウェアラブルカメラ ]
価格:59000円(税込、送料無料) (2017/10/13時点)



ただ、あくまでソフトによる補正なので横にカメラをスッと向けたときなんか画面がぎこちない動きになります。




それに比べたらSONYのこいつはさすがです。発売は1年前ですが、光学の手ブレ補正なので画面に不自然さがまったくありません。いまだにこの技術では他社を寄せ付けないですね。

SONYアクションカムの難点は映像がカメラ本体では見れないこと。なので、どうしてもGOPROに分があります。

     トップに返り咲きたい!ネコ
        ↓  ↓  ↓

  


Posted by Tsuyoshi at 09:00宮崎のサーフポイント

2017年10月18日

ロサンゼルスでサーフィンはじめました

仕事の関係でロサンゼルスに住んでおられる方からメールをいただきました。


サーフィン教材、一気に読みました。今自分が悩んでいるポイントが論理的に解説されていて目からウロコでした。さっそく夕方海行ってきます。おそらく読んだだけでは全然かと思いますが(笑)。

自分はトパンガというマリブとサンタモニカの間にあるビーチをホームにしてやってます。ポイントブレークでセット間隔も長いのでアウトに簡単に出れて初心者に優しいところです。(最近サイズアップして人が多くて練習しづらいですが)。

いい日はかなり波がつながるので早く上手になってロングライドしたいとウズウズしているところです。引き続きよろしくお願いします。



カリフォルニアはアメリカのサーフィン発祥の地だけあって、極上の波があっちこっちで割れています。有名なハンティントンやマリブの他にも私達が知らないポイントが無数にあるんですね。トパンガビーチもその中の一つ。



世界のあっちこっちでというブログより。





この動画はいちごLAから帰国ブログより.。たしかに、ながく乗れる波ですね。こんな波でいつも練習できるなんて羨ましいです。

ただ、海水は真夏でも東太平洋を流れるカリフォルニア寒流のせいで日本の冬場みたいに冷たいので年間を通してフルスーツが必要です。

     トップに返り咲きたい!ネコ
        ↓  ↓  ↓

  


Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン初心者

2017年10月17日

いつまでサーフィン初心者でいますか?

いきなりですが、一輪車に乗れますか。小さな子供が乗ってるのを見て「乗ったことないけど、乗れるだろう」と思ったら大間違いです。

一度もやったことのない人が一輪車に乗るのは、すごく大変です。そして、間違いなくサーフィンよりも難しいと私は思います。

つまり、サーフィンは一輪車ほど難しくないということが言いたいわけです。では、なぜサーフィンをやってる人の大半がビギナーレベルのままなのでしょう。







それは、テイクオフが上手くできないからです。サーフィンはテイクオフしないことには始まりませんから。さらにもう一歩進んで、なぜテイクオフが上手くできないのでしょう。

それは、テイクオフの練習をじゅうぶんしないからに他なりません。

ここです、ここが重要です。一輪車なら、ほんの5分間で何回もチャレンジできるでしょう。しかしサーフィンはテイクオフ可能な波が来て、しかもそれを絶妙なタイミングでキャッチしなければいけないのです。波待ちだけで10分や20分はすぐにたってしまうことだってあります。







まったくもって当たり前のことですが、練習しなければ上手くなりません。しかしながら不思議なことに、このことがわかってる人はあまりいないようです。

「体力がないから」とか、「運動神経が鈍いから」と誰もが思っています。違います。そうではありません。練習しないから上手くならないだけです。



ミスターテイクオフ 購入ページ






ミスターテイクオフ(MR)を使ったポップアップのテイクオフ練習です。テイクオフしてレールを入れる動作が、MRを使った練習の一番のミソ。





後ろから見るとこうです。立つまで両足が滑るように動いているのに注目です。絶対にピョンと飛び上がってはいけません。で、立ったときにはレールが入ってます。このように、立つ動作とボードを傾ける動作を一連のシーケンスとして練習します。







ほとんどの人がこれをやりません。だから、いつまでたっても初心者なのです。運動音痴だからとか、センスがないからではありません。ただ単に...

練習しないから、それだけのことです。ミスターテイクオフは、まず下記URLサイトから専用Eブックをお買い求めください。その後、MR本体購入手順のお知らせメールが自動発信されます。
   ↓   ↓    ↓
ミスターテイクオフ 購入ページ



埼玉のJUNさんは5年間も万年初心者を続けてしまいました。そのJUNさんにインタビューし、思いのたけを全て語っていただきましたのでどうぞご覧ください。
   ↓   ↓   ↓
  


Posted by Tsuyoshi at 08:00ミスターテイクオフ

 

 

サーフィン上達方法を教えます!

 

サーフィン パドリング