› サーフィン初心者上達の秘訣

 

テイクオフ成功の法則

2017年01月16日

サーフィンで沖に流される危険性



オーストラリアのBulli ビーチで波に乗るサーファー。先日、ここでサーフィンしていた日本人男性が沖に流されて遭難しました。一晩を海上ですごすことになった男性は偶然にも外洋を航行していた輸送船に救助され無事だったそうです。







Bulli ビーチはシドニー近郊にあるサーフポイントでして、アクセスが容易なので外国人にも人気がある場所です。





上から見ると、波のあるエリアと波のないエリアがよくわかります。波のないエリアは水深が深い場所なので、波で打ち寄せた海水がここから沖に逃げ出ていきます。つまり、波が大きくなればなるほどこの場所に発生する沖に向かうカレントは強くなります。

沖へのカレントにはまってしまった場合には、波のあるエリアまで横にパドリングしなければいけません。これはサーフィンで遭難しないための鉄則なのですが、体力のないビギナーには「そんなことを言われても...」というのが本音です。




このような遭難事例を見てしまうと、サーフィンは怖いと思ってしまいます。ただ、このように沖に流されて帰ってこれなくなることはめったに起きません。特に私たちがサーフィンするビーチブレイクの場合、カレントは横に流れるのが普通だからです。このBulli ビーチは波が立つところはリーフなのだと思います。

ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
  


Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

2017年01月13日

パイプラインの特製マグカップ





パイプラインでチューブを抜けるジョンジョンをイメージしたMRオリジナルマグカップを作ってみました。出来はかなり良いです。発色と質感が窯焼きっぽくて。

楽天ショップでの売値は2800円。びっくりするほど高いのですが、大量生産品ではない特注品なので仕方ございませんね。






キャンぺーンとしまして、ミスターテイクオフミスターパドリングを同時購入いただいた方には無料でこの特製マグカップをさしあげます。期間は本日より3か月です。
  


Posted by Tsuyoshi at 14:08サーフィン上達方法

2017年01月10日

スケボーでハンドアクションを習得しよう!



福岡から来てくれた良さん。スケボーのレクチャーは私の住んでる綾町でしました。堤防沿いの道は路面がツルツルで滑りすぎるくらいなので逆に難しいかもしれません。

これ、ドローンで空撮しています。けっこういいかんじの動画になってるでしょ。注目は両腕のアクションでして、サーフィンで重要なハンドアクションはスケボーなら即習得できます。

ポイントは前側の腕はほとんど動かさず、後ろ側を回して推進力にすること。これを習得できれば海でもアップスダウンで加速できますよ。

ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
  


Posted by Tsuyoshi at 08:54サーフィン上達方法

2017年01月08日

いつまでサーフィン初心者でいますか?

いきなりですが、一輪車に乗れますか。小さな子供が乗ってるのを見て「乗ったことないけど、乗れるだろう」と思ったら大間違いです。

一度もやったことのない人が一輪車に乗るのは、すごく大変です。そして、間違いなくサーフィンよりも難しいと私は思います。

つまり、サーフィンは一輪車ほど難しくないということが言いたいわけです。では、なぜサーフィンをやってる人の大半がビギナーレベルのままなのでしょう。







それは、テイクオフが上手くできないからです。サーフィンはテイクオフしないことには始まりませんから。さらにもう一歩進んで、なぜテイクオフが上手くできないのでしょう。

それは、テイクオフの練習をじゅうぶんしないからに他なりません。

ここです、ここが重要です。一輪車なら、ほんの5分間で何回もチャレンジできるでしょう。しかしサーフィンはテイクオフ可能な波が来て、しかもそれを絶妙なタイミングでキャッチしなければいけないのです。波待ちだけで10分や20分はすぐにたってしまうことだってあります。







まったくもって当たり前のことですが、練習しなければ上手くなりません。しかしながら不思議なことに、このことがわかってる人はあまりいないようです。

「体力がないから」とか、「運動神経が鈍いから」と誰もが思っています。違います。そうではありません。練習しないから上手くならないだけです。



ミスターテイクオフ 購入ページ






ミスターテイクオフ(MR)を使ったポップアップのテイクオフ練習です。テイクオフしてレールを入れる動作が、MRを使った練習の一番のミソ。





後ろから見るとこうです。立つまで両足が滑るように動いているのに注目です。絶対にピョンと飛び上がってはいけません。で、立ったときにはレールが入ってます。このように、立つ動作とボードを傾ける動作を一連のシーケンスとして練習します。







ほとんどの人がこれをやりません。だから、いつまでたっても初心者なのです。運動音痴だからとか、センスがないからではありません。ただ単に...

練習しないから、それだけのことです。ミスターテイクオフは、まず下記URLサイトから専用Eブックをお買い求めください。その後、MR本体購入手順のお知らせメールが自動発信されます。
   ↓   ↓    ↓
ミスターテイクオフ 購入ページ



埼玉のJUNさんは5年間も万年初心者を続けてしまいました。そのJUNさんにインタビューし、思いのたけを全て語っていただきましたのでどうぞご覧ください。
   ↓   ↓   ↓
  


Posted by Tsuyoshi at 08:00ミスターテイクオフ

 

 

サーフィン上達方法を教えます!

 

サーフィン パドリング