› サーフィン初心者上達の秘訣

 

テイクオフ成功の法則

2018年01月10日

今年もよろしくお願い申し上げます!

新年のご挨拶が遅れて申し訳ありません。メルマガの方ではご挨拶していたのですが...


ここ10年ほどずっとフリーの自営でなんとか食いつないでおりましたが、どうやら限界のようでして昨年末から会社勤めをしております。そういう事情により、これまでのように自由に海に行けなくなってしまいました。


しかしまぁ、思い起こせばフリー時代にはサーフィンし放題だったなぁとつくづく感じます。海外の有名なサーフポイントにも、そしてWCTのサーフィン大会にも。思い立ったら即飛んで行ってましたっけ。


この10年で蓄積した情報とノウハウは膨大なものでありまして、サーフィン初心者脱出プログラムはもとより、このブログで書いてきたことはその一部にすぎません。


今後も時間を見つけては情報発信していきますので、引き続きご注目くださいませ。


     トップに返り咲きたい!ネコ
        ↓  ↓  ↓




あとYOUTUBEですが、年末から年始にかけて数本アップしています。










チャンネル登録の方、よろしくお願いいたします。



  


Posted by Tsuyoshi at 08:00サーフィン上達方法

2017年12月11日

「サーフィンが上手い」を考えてみました







最近毎日のようにサーフィンについて思うことをYOUTUBEで語っています。その中から2つ抜粋してブログでご紹介します。




1.スタイリッシュなサーフィン

2.コンペティティブなサーフィン


いずれにせよ、サーフィンは見せるスポーツという意味では共通しています。


そのためには柔軟な体作りが大切。地味ですが(毎日ちょっとだけでいいでので)サーフィンを意識した陸上トレーニングをしましょう。

     トップに返り咲きたい!ネコ
        ↓  ↓  ↓


  


Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

2017年12月04日

日本人が苦手なビッグウェイブ ~ サンセットビーチ

2017年のハワイ、トリプルクラウンの第2戦(サンセットビーチ)に来季WCT入りがかかっていた日本人プロサーファーの大原洋人でしたが...




特大セットをつかまえてテイクオフするものの




下から突き上げてくる巨大なバンプに翻弄されてバランスを失い




落ちるのをこらえるのが精一杯で技をしかけるどころではありませんでした。




このサンセットビーチはノースショアの中でも最も難しい波と言われていて、あのケリー・スレーターでさえここでは勝てていないのです。こういう変幻自在の大波をメイクするには強靭な足腰はもちろんのこと、やはりあるていど体重があって大柄な選手が有利。


その点、日本人選手の多くは小柄で体重が軽いためいつも苦戦するのです。そして、WCTに大手をかけていた大原洋人もその例外ではないことが完全に露呈してしまいました。




WCTへの道はほんとに厳しいものです。WCTにクオリファイするにはこのサンセットビーチを克服しなければなりません。頑張れ、日本人プロサーファーたち。

     トップに返り咲きたい!ネコ
        ↓  ↓  ↓

  


Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

2017年12月01日

いつまでサーフィン初心者でいますか?

いきなりですが、一輪車に乗れますか。小さな子供が乗ってるのを見て「乗ったことないけど、乗れるだろう」と思ったら大間違いです。

一度もやったことのない人が一輪車に乗るのは、すごく大変です。そして、間違いなくサーフィンよりも難しいと私は思います。

つまり、サーフィンは一輪車ほど難しくないということが言いたいわけです。では、なぜサーフィンをやってる人の大半がビギナーレベルのままなのでしょう。







それは、テイクオフが上手くできないからです。サーフィンはテイクオフしないことには始まりませんから。さらにもう一歩進んで、なぜテイクオフが上手くできないのでしょう。

それは、テイクオフの練習をじゅうぶんしないからに他なりません。

ここです、ここが重要です。一輪車なら、ほんの5分間で何回もチャレンジできるでしょう。しかしサーフィンはテイクオフ可能な波が来て、しかもそれを絶妙なタイミングでキャッチしなければいけないのです。波待ちだけで10分や20分はすぐにたってしまうことだってあります。







まったくもって当たり前のことですが、練習しなければ上手くなりません。しかしながら不思議なことに、このことがわかってる人はあまりいないようです。

「体力がないから」とか、「運動神経が鈍いから」と誰もが思っています。違います。そうではありません。練習しないから上手くならないだけです。



ミスターテイクオフ 購入ページ






ミスターテイクオフ(MR)を使ったポップアップのテイクオフ練習です。テイクオフしてレールを入れる動作が、MRを使った練習の一番のミソ。





後ろから見るとこうです。立つまで両足が滑るように動いているのに注目です。絶対にピョンと飛び上がってはいけません。で、立ったときにはレールが入ってます。このように、立つ動作とボードを傾ける動作を一連のシーケンスとして練習します。







ほとんどの人がこれをやりません。だから、いつまでたっても初心者なのです。運動音痴だからとか、センスがないからではありません。ただ単に...

練習しないから、それだけのことです。ミスターテイクオフは、まず下記URLサイトから専用Eブックをお買い求めください。その後、MR本体購入手順のお知らせメールが自動発信されます。
   ↓   ↓    ↓
ミスターテイクオフ 購入ページ



埼玉のJUNさんは5年間も万年初心者を続けてしまいました。そのJUNさんにインタビューし、思いのたけを全て語っていただきましたのでどうぞご覧ください。
   ↓   ↓   ↓
  


Posted by Tsuyoshi at 08:00ミスターテイクオフ

 

 

サーフィン上達方法を教えます!

 

サーフィン パドリング