› サーフィン初心者上達の秘訣 › 2017年02月

 

テイクオフ成功の法則

2017年02月27日

15年のブランクからサーフィンライフを再起するために



マレーシアという小さな新興国が今大きな注目を集め、多くの取材陣でごった返しています。しかし、そこで暮らす人たちの生活は意外なほど平穏なんだそうです。マレーシアにはこんな屋外ウェイブプールがあって、サーフィンを始める初心者の方には嬉しい国でもあります。



屋外のウェイブプールはサンウェイラグーンと呼ばれるテーマパーク内にあります。以前は制約があったようなのですが、現在ボード持込でサーフィンが出来るかどうかは不明です。

マレーシアではモンスーンシーズン(雨季)11月から2月末までがサーフシーズンになります。私も15年のブランクを経て波乗りの世界に戻ってきました。若いころは体力まかせのテイクオフしかしてこなかったので40歳を過ぎた今、浮力のあるボードを購入したもののパドルが遅いのとテイクオフが不安定なため苦戦しております。それがテイクオフを最初から学び直そうと思ったきっかけです。教材を読んで、テイクオフの理論は自分なりに考えてたことが間違ってはいなかったと分りました。

ミスターテイクオフの到着をとても楽しみにしております。




マレーシア在住のNさんからメールをいただきました。ウェイブプールはもしかしたら閉鎖されてしまったのでしょうか。だとしたら残念です。宮崎のウェイブプールはたった数年で経営赤字によって閉鎖されましたが、どこもそうなのかもしれませんね。メンテナンスがとても大変なんだとか。

ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

2017年02月20日

【重要】サーフィンのブーツ 選び方



サーファーにとって一年で最も厳しい季節、真っただ中。2月は海水温度が最も低くなるので海に入るのが辛いですよね。ここ宮崎では手袋(グローブ)までする人はいませんが、ブーツを履く人は少なからずいます。かく言う私もその一人でして、このブーツ↑を履いております。


ブーツを履くと何が違うかって、まず足が最初に海水に触れたときの「冷たい~」というのがないのがいいです。ただ、これは最初だけなんですよね。足の肌が海水温度に慣れてしまいさえすれば、逆に空気中に出したときの方が寒いわけでして。その最初の一瞬の冷たさが嫌だという理由でこのブーツを履いてしまうのですが...








ここでサーフィンビギナーは要注意です。こういったブーツを履いているがために波にぜんぜん乗れないといったことになりがちだからです。その理由は、テイクオフが上手くできないから。


足が前に出てないんですよ。どうしてかといえば、ブーツを履くことによって足を数ミリほど素足のときよりも高く上げる必要があるからです。ただでさえギリギリのところでテイクオフしているのに、さらに足枷(あしかせ)を付けられた状態でテイクオフしている。


それに気づきもせずに「なんか調子悪い」って人、けっこういます。対策としては、そのブーツを履いてミスターテイクオフ練習を自宅で繰り返すのがいいでしょう。あと、ブーツもいろいろ出ていますのでなるべく底が薄くて柔らかい素材のものをチョイスするというのもありです。




↑ これなんかよさそうです。

ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

2017年02月13日

巨大な波(ジョーズ)を草ゲレンデで体感しよう!



私の家(宮崎県綾町)から車で10分ほどのところに法華岳公園というのがあって、ここはグラススキーができる場所として有名です。宮崎にもスキーができるところ(五ヶ瀬ハイランドスキー場)がありますが、行くのがけっこうたいへんです。グラススキーは気軽にできるし、年間を通してできるのがいいですね。


グラススキーのゲレンデの横には草そりができるゲレンデもあって、これまた本格的なものです。そこで思いついたのが、草そりでのサーフィン練習です。マウンテンボードはスノーボードの草ゲレンデ版として愛好者がいるものの、あれは初心者にはハードルが高くて危険。なので、私が考えたのは草そりの上で立つ...というものです。


動画を見てわかるように滑走距離はけっこう長いです。ターンはできませんが距離があるのでスピードにのれば迫力はじゅうぶんです。まるでハワイの巨大波(ジョーズ)に乗ってるイメージでしょうか。両手を離して立ちたいけれど、かなりバンピーなので無理でした。


使用したのはこのJet Sledです。↓ ↓ ↓ 後部をカットして、冬季オリンピック競技のリュージュのように改造しています。



やってみたい人は連絡ください。ご案内しますので!

ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ




  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

2017年02月08日

ロングはショートよりもカットバックしやすい


          ↓


この日は緩いオフショアの影響で波が少し切り立っていてロングボードには最高でした。ショートボードには全然ものたりない小波でも、ロングボードだととっても気持ちいいんですよね。ロングボードは小波でもスピードがでるし、しかも超ロングライドができるからです。

この女性ロングボーダーもこの日の波を十二分に満喫していました。これは、まさにスピードがマックスに達している瞬間。ライダーの心境はいかなるものでしょうか。

実は彼女、キャー!と心の中で叫んでいるのです。












これもまたサーフィンの醍醐味。波がクローズするのが見えていながらどうすることもできなかったんですね。というか、おそらく彼女は「ここで終わり」と覚悟したかもしれません。しかし、実はそうではありません。


目の前で波がクローズしそうになったら、板を逆方向に切り返せばいいのです。そうです、カットバックです。もし彼女が守備よくカットバックできていたなら、さらに波に乗り続け、ついには岸に到達していたことでしょう。カットバックができない人には想像できないことですが、それができるようになると信じられないほど長く波に乗り続けられるのです。


意外なことですが、ロングの方がショートよりもカットバックは成功しやすいのです。なぜなら、ロングボードは波のボトムにいてもカットバックできてしまうからです。ショートでそれをやろうとすると失速してしまうので、まずはアップスをかます必要があります。一方で、ロングは波が押してくれるので失速しにくいという利点があります。

ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:00

2017年02月06日

ロングボード初心者は必見



ショートをやっていてロングライドができない人は、是非ロングボードをやってみてください。とりあえず、岸まで乗っていく快感を知ってほしいのです。ショートに戻ったときに、そこから新たなステージに行けるはずです。


木崎浜の南側はロングボーダーばかりのポイントになっていて、先日は小波ながらオフが吹くロングには絶好のコンディションでした。ロングボードはショート以上にオフショアが大事なんです。


ロングボードはどんなコンディションでもロングライドできるボードですが、その楽しさはオフショアとオンショアでは天と地ほど違ってきます。それはショートに比べてずっと大きなものです。







ロングボードは板が重くて長いので、波が切り立ってくるとゾッとするほどのスピードで走ってくれます。これはビギナーと思われる女性ライダーでして、先日の波を満喫していました。


で、この写真。どういう瞬間だと思いますか。快感がピークに達している瞬間? いいえ、実は...


答は次回お話します。

ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法