› サーフィン初心者上達の秘訣

 

テイクオフ成功の法則

2018年04月26日

超速のテイクオフをマスターしよう!

基本のテイクオフを細かく分解すると5ステップあるのですが、これを4ステップにすることでコンマ数秒は早く立つことができるようになります。


波によってはそのコンマ数秒でテイクオフできるかどうかや、波をメイクできるかどうかの成否が決まりますので、これは大変なことだということをあらかじめ認識ください。



まず、<基本のテイクオフ>を見てみますと、以下の5ステップで構成されています。

パドリング

波のキャッチ

ホバリング

プッシュアップ

スタンディング



これに対し、<超速のテイクオフ>では以下の4ステップになります。

パドリング

波のキャッチ

プッシュアップ

スタンディング


見てのとおりホバリングがなくなっているわけですが、テイクオフの要(かなめ)と私が位置づける「ホバリング」がなくなっています。





超速テイクオフでは「波のキャッチ」からいきなり「プッシュアップ」していきます。初級レベルでこれをやってしまうと、必ずといっていいほどノーズが上がって失速します。


上級者がホバリングなしでも失速しないのは、早い話、その体力があるからです。波をキャッチした次の瞬間、ノーズを押さえつけながら立っていく体力です。





しかし、それだけで話を終わらせてしまってはハウツーとして成立しません。そこで私が試行錯誤の末に辿り着いたのが「テイクオフTHを誘発する」という考え方です。


この続きは動画でご覧ください。↓ ↓ ↓



     ポチッと押してもらえると記事更新頻度が高くなります!ネコ
        ↓  ↓  ↓

  


Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

2018年04月25日

サーフィン波情報の正しい利用方法

昨年11月にサーフィン初心者脱出プログラムとMRテイクオフを購入した●●です。48歳でサーフィンを始めましたが、はら様の理論とMRテイクオフを使った陸トレの成果で、ゆっくりではありますが上達しております。

パドリングも安定し、最近は1ラウンドに1回くらい横に行けるようになりました。今後はコンスタントに横に行けることを目指して精進します。本当にありがとうございました。

近々に、撮影したビデオをお送りさせていただきますので、ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。


サーフィン初心者脱出プログラムは10年前の発売開始以来、改版を繰り返しながら延べ10000万人近いサーファーに購読されています。日本、いえ世界で最強のサーフィン教材だと自負しておりまして、毎日のように嬉しい報告をいただいております。





さて、今回のお題は波情報の利用の仕方です。宮崎にはいくつかの波情報サイト(ブログ)がありますが、早くても朝一番の情報ですので情報を見てから海に行っても「あれ、ぜんぜん違うじゃん」となることが多いものです。



波は刻々と変化するわけでして、特に朝一番(5時から8時)と朝2番(9時以降)ではかなり状況が異なります。1日を通して変化がなく安定しているときもありますが、それはほとんど稀でしょう。




これは宮崎の波情報サイト「いい波ドットコム」の画像です。宮崎の主要なサーフポイントのリアルタイム映像がチェックできるので、これを見てから行けば間違いないと思いきや、それでも海まで1時間以上かかる人にとっては確実ではありません。


というわけで、海から遠いところに住んでいる人にとって波情報は利用価値がさほどないという結論になりそうです。そもそも波情報はそういった海から遠く離れた人たちのためにあるはずなのにです。海に近いのであればパッと見に行けばいいわけでして。


そこで私がお勧めしたい波情報の見方がこれです。海に行く前日とか当日だけではなく、毎日チェックするのです。そして、そのポイントの傾向を把握してください。そうすれば、明日の何時ごろはこういう波だなとか、これから2時間後はこんな波だろうなという予測ができるようになります。

いかがでししょうか。昔と違って無料で良質の波情報が入手できる時代。あとは情報(データ)をどれだけ蓄積してサーフィンライフに役立てるか、その努力にかかっています。

     ポチッと押してもらえると記事更新頻度が高くなります!ネコ
        ↓  ↓  ↓

  


Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

2018年04月23日

サーフィン用語「セットの波」とは



サーフィン用語で「セット」という言葉をよくサーファーは使いますよね。このセットの波とは


■ ショルダー(波のライン)が横に長い


■ 数本、連続でやってくる



ですが、人によっては前者のみを指して言っているかもしれません。つまり、ロングライドができそうな長くてきれいな波です。言葉そのままなら数本連続する波のことになりますが、いくら連続していてもショルダーが短くて面がガタガタの波はセットとは言わないのは間違いありません。



ハワイのビッグウェイブの場合、セットを狙ってサーファーたちは波に乗ります。そして、「セットの何本目」という具合に狙いを絞ります。波が大きくなればなるほどパワーや形が読みやすくなるようです。

     ポチッと押してもらえると記事更新頻度が高くなります!ネコ
        ↓  ↓  ↓

  


Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

2018年04月19日

二刀流のプロサーファーが増えている

今年の流行語大賞は「二刀流」できまりだと思いますが、サーフィンでもこの二刀流のプロ選手が次々と誕生しているんです。


以前にもショートボードとロングボードの両方のプロ資格(日本プロサーフィン)を持っている人はいるにはいました。しかし、彼らはショートボードで全く勝てないのでロングボードに転向するといったパターンでした。


でも近頃の二刀流プロサーファーはショートでもロングでも強い。それはまさに大谷翔平と同じなんです。






JPSAショートボード第1戦(バリ島クラマス)のプロトライアルで、ついにショートのプロ資格もゲットした井上鷹。ロングボードは昨年プロ資格を取っており、今年のクラマス大会ではなんと準優勝でした。




タカのサーフィンを始めて見たときは驚いたものです。こんな野性的なサーフィン見たことない!ってね。こいつがプロになったら日本のサーフィンに激震が起こるんじゃないだろうか...と。しかしショートボードのプロトライアルではぜんぜんイケてなかった。2年連続テストに落ちてロングのプロ資格には合格したんで「あれ、ロング行っちゃうのね」みたいなかんじだったんです。でもタカは諦めてはいなかった。ショートのプロ資格も今年みごと合格。これからの活躍をワクワクしながら待ってるからね。まだ17歳、それで二刀流。ほんとにそんな奴、これまでにいなかった。

     今年もこのブログを応援ください!ネコ
        ↓  ↓  ↓

  


Posted by Tsuyoshi at 18:47サーフィン上達方法

 

 

サーフィン上達方法を教えます!

 

サーフィン パドリング