› サーフィン初心者上達の秘訣

 

テイクオフ成功の法則

2017年11月27日

朝練でサーフィン上達!



はらさん

こんにちは。8月にミスターテイクオフを購入したNBと申します。陸でテイクオフができる革新的な商品、すばらしいと使ってみて改めて思いました。ありがとうございます。

最近は毎朝の習慣として早起きして5分ほど練習しています。テイクオフの練習がそのまま朝の目覚めの運動にもなり一石二鳥です!

さて、動画を撮りましたので、お手数ながら、チェックしただければ幸いです。youtubeのお手本動画を参考にしました。まずはゆっくりバージョンを練習した動画です。スパイダーマンのような足の使い方もしています。そこで質問が2点あります。

質問1
プッシュアップの時は、実際の海では、板を下に押し付ける「下への意識」も必要でしょうか?それとも上体を起こす「上への意識」だけを持ったほうが良いでしょうか?

質問2
ゆっくりバージョンを何度も繰り返していると、速いバージョンに自然に移行できますか?それとも、速いバージョンにするために、別の意識や体の使い方が必要でしょうか?

ショート歴10年以上で横には走れますがテイクオフが遅い認識があります。テイクオフを早くしアップスンで加速するのが目標です。以上、よろしくお願い申し上げます。




ボードを波に押し付けることでホバリングに入りやすくなります。これはタルい波で有効ですが、掘れた波では逆にパーリングしやすくなるので臨機応変にテクニックを駆使していかないといけません。

また、歩くようにテイクオフする方法を完全に消化したときには自然とポップアップのテイクオフ(瞬時のテイクオフ)に移行しているものです。ですので、意識してやり方をチェンジする必要はないと思います。

     トップに返り咲きたい!ネコ
        ↓  ↓  ↓


  


Posted by Tsuyoshi at 09:00ミスターテイクオフ

2017年11月24日

ワイプアウト/ウクレレブーム



ウクレレが再びブームになってるの知ってましたか...っていうか、ここまでウクレレが盛り上がったのは初めてじゃないでしょうか。


10年くらい前にハワイからジェイク・シマブクロという天才ウクレレ奏者で出てきて、ソロ・ウクレレのブームをちょっとだけ巻き起こしました。それまでのウクレレのイメージといえば漫談家の牧伸二さんがやってたような宴会芸の小道具くらいな物でしたんで、けっこうドラスティックな変革ではあったんです。


で、その後ウクレレブームは静かに去ったかのように見えました。しかし、ここにきてまた活気づいてきた大きな要因は何なのか。それはおそらく中国製激安ウクレレの登場に他なりません。




オールコア単板のウクレレといえば最高級品ですが、それがなんとこのお値段。それもメイドインチャイナのなせる技。もしコア材にこだわらなければ、けっこう作りのいいウクレレが1万円前後で手に入る時代になっているのです。








上の動画は今最もホットなウクレレ奏者、ホノカ&アジータです。二人とも日系ハワイアンでしてハワイはもとより日本でも大人気になっています。彼女らが繰り出すテクニックはまたまたウクレレのイメージを覆すものといえます。


私も以前ウクレレの教材を作りましたが、今見るとけっこういいもの作ったな~と自画自賛しています。
↓ ↓ ↓
ソロウクレレ上達法


     トップに返り咲きたい!ネコ
        ↓  ↓  ↓





  


Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

2017年11月22日

チビでも世界一のサーファーになれる



2017年のハワイ、トリプルクラウン第1戦(ハレイワ)を制したのはブラジルのフィリペ・トリードでした。彼の身長は160センチくらいしかありませんが、サーフィンは世界トップレベル。特にエアリアルがフローに入ってくる波であれば世界一のサーファーです。





惚れ惚れしてしまうレールサーフィンはキレっキレです。彼のようなサーファーの登場は日本人プロに希望を与えてくれます。体格で欧米人に劣っていても、けっして臆することはないと教えてくれているのですから。





体格は小柄な日本人ですが、この体の柔らかさは尋常ではありません。これほどシナる動きを見せる日本人プロサーファーは残念ながらまだ出てきていないので、今後その登場が期待されます。

     トップに返り咲きたい!ネコ
        ↓  ↓  ↓

  


Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

2017年11月20日

ハワイの大波は北日本からの贈り物

ハワイのノースショアといえばビッグウェイブで有名ですが、あの大波は実は北日本から送り届けられているって知ってましたか。




冬になるとシベリア高気圧と太平洋からの湿った大気の接触によって北日本には無数の低気圧が発生します。それらが流されて行き着く先がアリューシャン列島付近でして、ここで低気圧が猛発達するんです。






グーグルアースで見ればわかるようにアリューシャン列島からハワイ諸島までの間に島はなく、水深もかなりあります。つまり、低気圧によって発生した波はそのままの勢いを保ったままハワイに送り届けられるわけです。


ハワイ、ノースショアのクオリティの高いビッグウェーブはこうした気象条件と地理的要因によって生み出されているんですね。ちなみにハワイの波情報はピンポイントで大波予想をしますが、それは低気圧の発達具合を見るだけでいいからです。

     トップに返り咲きたい!ネコ
        ↓  ↓  ↓

  


Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

 

 

サーフィン上達方法を教えます!

 

サーフィン パドリング