› サーフィン初心者上達の秘訣

 

テイクオフ成功の法則

2018年06月05日

ノーズライディングは練習あるのみ



ミスターテイクオフのロングボード版を作りました。長さは1メートル50センチなので、実際のサーフボードだと短めのショートボードに相当しますが、バランスボードとしては長めです。


小股で4ステップ、大股で2ステップで足の指がノーズにかかるかんじでして、クロスステップのウォーキング練習には合格ラインにあります。可能ならもっと板を長くしたかったのですが、部屋の邪魔にならないとか、あとは送料の問題でこのサイズになりました。


さっそく試乗してみると、これが実に難しくて、これでパッパと歩けるようになれば海では余裕かな?なんて思えるほどです。

     ポチッと押してもらえると記事更新頻度が高くなります!ネコ
        ↓  ↓  ↓

  


Posted by Tsuyoshi at 13:17サーフィン上達方法

2018年06月01日

カットバック理論の核心とは

カットバックができるようになるとサーフィンが(ウソではなくて)10倍も20倍も楽しくなるのですが、そこまで上達できる人はほんの一握りというのが実際のところでしょう。


それはどうしてかといえば、カットバックのやり方(理論)を解説したノウハウが世の中にないからです。たしかに、それらしいものはたくさんあるのですが...



肝心なところが抜けている



のです。というか、誰も本当のところがわかっていないのだと思います。





これも見ておいてください。↓



     ポチッと押してもらえると記事更新頻度が高くなります!ネコ
        ↓  ↓  ↓

  


Posted by Tsuyoshi at 13:38サーフィン上達方法

2018年05月21日

「生きてる波」に乗るべし!

先週、福岡の竹川さん(仮名)が私の無料レッスンを受けに木崎浜まで来てくださいました。竹川さんは私と同じ世代でして、50歳を過ぎてからサーフィンを始めたそうです。


さっそく海に入ってもらって様子を見ていましたが、竹川さんが乗っている波は全て終わってる波でした。


つまり、スープ(白波)になってしまった波に乗っているのです。だから岸に向かってまっすぐにしか走れないわけです。テイクオフして横に走っていくためには、ウネリの状態から立っていく必要があります。場合によってはスープから立っていっても、またウネリになることもありますがそれは稀であり、偶然でしかありません。








この動画の中で語っているとおり、ウネリからのテイクオフは自分で克服するしかありません。いくらサーフィンスクールに通ったところで誰も有効な方法を教えてくれやしないのです。



テイクオフ体力



サーフィン以外のどんな優秀なアスリートであってもこのテイクオフ体力はありません。なので、サーフィンをマスターするには時間がかかるのです。テイクオフ体力を養うには毎日の陸上トレーニングが効果的であり、それなくして忙しい社会人が1年以内に「生きてる波」に乗れるようになるのはかなり難しいことでしょう。




     ポチッと押してもらえると記事更新頻度が高くなります!ネコ
        ↓  ↓  ↓

  


Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

2018年05月20日

いつまでサーフィン初心者でいますか?

いきなりですが、一輪車に乗れますか。小さな子供が乗ってるのを見て「乗ったことないけど、乗れるだろう」と思ったら大間違いです。

一度もやったことのない人が一輪車に乗るのは、すごく大変です。そして、間違いなくサーフィンよりも難しいと私は思います。

つまり、サーフィンは一輪車ほど難しくないということが言いたいわけです。では、なぜサーフィンをやってる人の大半がビギナーレベルのままなのでしょう。







それは、テイクオフが上手くできないからです。サーフィンはテイクオフしないことには始まりませんから。さらにもう一歩進んで、なぜテイクオフが上手くできないのでしょう。

それは、テイクオフの練習をじゅうぶんしないからに他なりません。

ここです、ここが重要です。一輪車なら、ほんの5分間で何回もチャレンジできるでしょう。しかしサーフィンはテイクオフ可能な波が来て、しかもそれを絶妙なタイミングでキャッチしなければいけないのです。波待ちだけで10分や20分はすぐにたってしまうことだってあります。







まったくもって当たり前のことですが、練習しなければ上手くなりません。しかしながら不思議なことに、このことがわかってる人はあまりいないようです。

「体力がないから」とか、「運動神経が鈍いから」と誰もが思っています。違います。そうではありません。練習しないから上手くならないだけです。



ミスターテイクオフ 購入ページ






ミスターテイクオフ(MR)を使ったポップアップのテイクオフ練習です。テイクオフしてレールを入れる動作が、MRを使った練習の一番のミソ。





後ろから見るとこうです。立つまで両足が滑るように動いているのに注目です。絶対にピョンと飛び上がってはいけません。で、立ったときにはレールが入ってます。このように、立つ動作とボードを傾ける動作を一連のシーケンスとして練習します。







ほとんどの人がこれをやりません。だから、いつまでたっても初心者なのです。運動音痴だからとか、センスがないからではありません。ただ単に...

練習しないから、それだけのことです。ミスターテイクオフは、まず下記URLサイトから専用Eブックをお買い求めください。その後、MR本体購入手順のお知らせメールが自動発信されます。
   ↓   ↓    ↓
ミスターテイクオフ 購入ページ



埼玉のJUNさんは5年間も万年初心者を続けてしまいました。そのJUNさんにインタビューし、思いのたけを全て語っていただきましたのでどうぞご覧ください。
   ↓   ↓   ↓
  


Posted by Tsuyoshi at 09:00ミスターテイクオフ

 

 

サーフィン上達方法を教えます!

 

サーフィン パドリング