› サーフィン初心者上達の秘訣 › サーフィン上達方法 › ジョンジョンのレイバックスナップターンを分析する

 

テイクオフ成功の法則

2016年11月21日

ジョンジョンのレイバックスナップターンを分析する

ハワイのノースショアでは三大大会(トリプルクラウン)が始まりました。まず、ハレイワ(ハワイアンプロ)で今年念願のワールドチャンピオンを獲得したジョンジョン・フローレンスが優勝しました。

ジョンジョンが見せる180度のターンはレイバックしているのですが、これが実に美しいのです。ハレイワでも存分にその技を披露してくれましたので、分析してみましょう。





SQ01 ボードのボトムは完全に波のフェイス(壁)に張り付いています。




SQ02 垂直に立てた上半身を軸にして回転させています。




SQ03 フィニッシュとして後ろ足を蹴りだし、ボードの向きを180度変えました。



レイバックとは「倒れ込む」という意味であり、ジョンジョンのターンはまさに背中側に倒れ込んでいるように見えます。しかし、こうやって冷静に分析してみると安易にそういうふうには言えません。


SQ01ではサーフィンの基本に忠実に、上半身の軸は垂直に立っています。そして、その軸を回転させているんですね(SQ02)。上半身と下半身が90度曲がっているために、ボードが回転すると背中側に倒れ込んでいるように見えるのです。


日本人のプロでも最近ではレイバックでターンをしてくる選手がいますが、それは一か八かの賭けにしか見えません。成功すればラッキー...みたいな。ジョンジョンの技は基本を踏み外していないので、確実にキメることができるのだと思います。

ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ


同じカテゴリー(サーフィン上達方法)の記事画像
ビギナーは神業ターンをしようとしている?
サーフィン馬鹿の少年は大人だった
エネルギー節約型のパドリングとは
やっと気づいたレールサーフィン
ターンもクローズドスタンスで
魅せるサーファーは手足が長い
同じカテゴリー(サーフィン上達方法)の記事
 ビギナーは神業ターンをしようとしている? (2017-04-24 09:00)
 サーフィン馬鹿の少年は大人だった (2017-04-18 09:00)
 エネルギー節約型のパドリングとは (2017-04-17 09:00)
 やっと気づいたレールサーフィン (2017-04-14 09:57)
 ターンもクローズドスタンスで (2017-04-10 09:00)
 魅せるサーファーは手足が長い (2017-04-03 09:00)


<?=$this->translate->_('削除')?>
ジョンジョンのレイバックスナップターンを分析する