› サーフィン初心者上達の秘訣 › サーフィン上達方法 › もらったボードで上手くなる人、挫折する人

 

テイクオフ成功の法則

2017年07月10日

もらったボードで上手くなる人、挫折する人

ショートボードの場合、人が(タダで)くれたサーフボードでは上手くならないという話をしました。上手くならないということはサーフィンをやめるか、もしくはロングボードに移るかのどっちかを意味します。


でも、プロサーファーとかも含めて上手いショートボードのサーファーたちの多くは「最初のボードは人からもらった」と言います。どうして彼らはそれで上手くなれたと思いますか。


もちろん彼らの生まれ持った身体能力の高さもありますが、一番の要因は



子供の時からサーフィンをはじめた



ということです。子供のころは誰でも体が小さいので、もらったボード(大人用のはず)は彼らの体を浮かせるには余りあるものだったわけです。つまり、大人がロングボードに乗るのに近い状況です。


どんなスポーツでも幼少のころから始めるのが有利ですが、そういう理由で特にサーフィンは子供のときから始めると上達が早いのです。その逆で、大人の重量級の人はかなりのハンディがあることになります。サーフィンとはそんな特殊な要素をもったスポーツなわけでして、身体能力以前に体格と体重で上達の度合いが違ってきます。


ということは、大人でも小柄な男性や女性はかなりのアドバンテージがあると言えます。ボード選びには選択枝がたくさんあって、かなり適当に選んでも失敗しないでしょう。もらったボードでもいけるかもしれません。










ショートボードの場合、最初のボードは自分の体重に適したボリューム...というよりも、それより2サイズ大きめがいいです。それに慣れてきたら1サイズずつ落としていき、最終的にメーカーが指定するボリュームのボードにする。これが賢くて失敗しないショートボード選びになります。

サーフィン初心者脱出プログラム

サーフィン専用バランスボード

サーフィン・ステップアップ プログラム

スケボーでサーフィン上達



同じカテゴリー(サーフィン上達方法)の記事画像
ブレイクした波でのテイクオフを語る!
(その2)ショートボードの買い方
プロサーフィンの鷹 ~ 井上鷹
王道のサーフィン
サーフィン中級をめざす人も必見
サーフィンテクニックの集大成です
同じカテゴリー(サーフィン上達方法)の記事
 「遠パドリング」でサーフィンの世界が変わります! (2017-08-14 09:00)
 サーフィン初心者がターンするために (2017-08-07 10:00)
 ブレイクした波でのテイクオフを語る! (2017-07-31 09:00)
 ショートボードに適した波とは (2017-07-24 09:00)
 ショートボードのデザイン理論 (2017-07-18 09:00)
 なぜショートボードは挫折するのか (2017-07-03 09:00)


削除
もらったボードで上手くなる人、挫折する人