› サーフィン初心者上達の秘訣 › サーフィン上達方法 › やっと気づいたレールサーフィン

 

テイクオフ成功の法則

2017年04月14日

やっと気づいたレールサーフィン



JPSA(日本プロサーフィン連盟)の2017ツアーがバリ島クラマスから始まりました。本戦前のプロトライアルでは合格ライン(12ポイント以上)を出してみごとプロ公認を得た選手がいましたが、小笠原由織(16歳)選手もその一人でした。




7.25ポイントを出したときに見せたカービングターン。しっかりレールが入っている美しいターンです。




これまで日本のプロサーフィンは派手なトップアクションばかりに点数をつけていましたが、ようやくここにきてレールサーフィンにも注目するようになったようです。それはショートボードだけでなく、ロングボードもそうです。レールを使ったターンとウォーキングの組み合わせでないと高得点のエクセレントスコアは出ない。そんなふうに感じました。


いやいや、やっとですか。やっと気づいてくれましたか。これも東京オリンピック効果なんでしょうね。開催国のプロの試合が世界基準を取り入れてないというのは、さすがに恥ずかしいですので。

サーフィン初心者脱出プログラム

サーフィン専用バランスボード

サーフィン・ステップアップ プログラム

スケボーでサーフィン上達


同じカテゴリー(サーフィン上達方法)の記事画像
ビギナーは神業ターンをしようとしている?
サーフィン馬鹿の少年は大人だった
エネルギー節約型のパドリングとは
ターンもクローズドスタンスで
魅せるサーファーは手足が長い
サーフィンでボーナスをもらおう!
同じカテゴリー(サーフィン上達方法)の記事
 ビギナーは神業ターンをしようとしている? (2017-04-24 09:00)
 サーフィン馬鹿の少年は大人だった (2017-04-18 09:00)
 エネルギー節約型のパドリングとは (2017-04-17 09:00)
 ターンもクローズドスタンスで (2017-04-10 09:00)
 魅せるサーファーは手足が長い (2017-04-03 09:00)
 安定したテイクオフのために (2017-03-27 09:00)


<?=$this->translate->_('削除')?>
やっと気づいたレールサーフィン