› サーフィン初心者上達の秘訣 › ショートボードサーフィンを語る › アルメリック・ニューフライヤー 感想

 

テイクオフ成功の法則

2015年02月27日

アルメリック・ニューフライヤー 感想



アルメリック・ニューフライヤーですが、これはウワサ以上に良いボードです。コンセプトとしてはフィッシュボードのようなショートボードとして作られており、テイクオフの安定性と速さに加えてノーズロッカーをいかしたマニューバーを可能とします。それと、アウトラインがノーズからテールにかけてシンメトリックなのでボードの中央付近を軸としたレールワークによるターンのしやすさが特徴だと感じます。


この撮影の日は強いオフショアが吹いて面が張ってこない波だったので、目立った技を繰り出すサーファーはいませんでした。ボードのテストライドをしてくれたのは民宿みさき荘のノブさんです。














オルタナティブのボードで華麗なライディングを見せていたのはミスター宮崎ことサーフショップ・ラムジャングルの森園プロでした。シゲさんと呼ばれていて、私と同じ今年で55歳。まだまだスタイリッシュでカッコイイのであります。


同じカテゴリー(ショートボードサーフィンを語る)の記事画像
(その2)サーフィンの三大要素とは
サーフィンの三大要素とは(その1)
レギュラーに行くか、グーフィーに行くか
(その2)上手いやつがいつも正しい
上手いやつがいつも正しい(その1)
私でもこの練習は有効ですか?
同じカテゴリー(ショートボードサーフィンを語る)の記事
 今流行の大技 ~ クローズアウト・リエントリー (2017-09-28 08:40)
 サーフィン初心者がターンするために (2017-08-07 10:00)
 ブレイクした波でのテイクオフを語る! (2017-07-31 09:00)
 ショートボードのデザイン理論 (2017-07-18 09:00)
 もらったボードで上手くなる人、挫折する人 (2017-07-10 09:00)
 なぜショートボードは挫折するのか (2017-07-03 09:00)


削除
アルメリック・ニューフライヤー 感想