› サーフィン初心者上達の秘訣 › 海外国内サーフトリップ › 海外でも日本語チャンネルな私

 

テイクオフ成功の法則

2014年03月14日

海外でも日本語チャンネルな私



写真は日本人ギャルにファンサービスをするミッチ・クルーズ。昨年の6月だったか日本の千葉で開催されたWQS4スターで優勝してその名を私たちの胸に刻んだミッチ。あれから快進撃を続け、夢に見たWCTに今年から参戦します。普通はヒートに負けた選手はファンサービスしないのですが、夢の舞台で「ミッチ~!」と黄色い声がかかると嬉しくてたまらない様子でした。その証拠に持っていたサーフボードを投げ出して(ガチャンと音がした)彼女たちの元に飛んでいったのですから(笑)。

前記事に書いたように...

今日もポチッと応援クリックお願いいたします。ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ







スナッパーロックスは交通と宿泊の便が良いこともあって、日本人もたくさんいました。といっても全ギャラリーの日本人の割合は1パーセントほどだったでしょうか。中国語も聞こえたので「中国人ですか」と聞いたら「台湾人です」という返事にガテンがいきました。台湾もサーフィンが盛んだからですね。


自分の周囲にいる人が同時にガヤガヤと話をすると、英語だったりフランス語だったりスペイン語だったりするので誰が何の話をしているのかなんてさっぱりわかりません。私にとってそれは単なるノイズでしかないわけですが、突然にして会話の内容がクリーンに入ってくる瞬間があります。それは日本語の会話でして、なんだか不思議なかんじがします。要するに私(日本人)の頭は海外に居ても日本語チャンネルになっているのであって、それ以外のランゲージを排除してしまっているのが悲しくもあります。


そんな特殊能力を使うことによって周囲にいる数百人の中から日本人の存在を認識することができるわけですが、その会話が妙にクリアに聞こえるだけに大会観戦が興冷めしてしまう要因にもなってしまいます。世界最高峰のサーフィンを目にしながら話してる内容がホントにどうでもいいことだからです(笑)。

同じカテゴリー(海外国内サーフトリップ)の記事画像
スナッパーロックスの変なやつ
前乗りに寛大なオージー
サーファー達の天国
(その3)猫背サーフィンと出っ尻サーフィン
裕次郎のバンザイパイプライン
ハワイは小鳥の楽園だった
同じカテゴリー(海外国内サーフトリップ)の記事
 海外でのサーフィンはサメに注意! (2015-02-11 09:00)
 ゴールドコーストのサーフィン動画 (2014-03-17 10:00)
 スナッパーロックスの変なやつ (2014-03-15 09:23)
 前乗りに寛大なオージー (2014-03-08 17:26)
 サーファー達の天国 (2014-03-06 18:51)
 (その3)猫背サーフィンと出っ尻サーフィン (2014-02-28 10:00)


削除
海外でも日本語チャンネルな私