› サーフィン初心者上達の秘訣 › サーフスケートのすすめ › スケボー界のケリー・スレーター

 

テイクオフ成功の法則

2013年09月14日

スケボー界のケリー・スレーター



バッキー・ラセック(Bucky Lasek)がエックスゲームUSAロサンゼルス大会で勝ち、これでグランドスラム(4大会連続優勝)を達成しました。余談ですが、視力回復施術もラセック(LASEK)です。レーシックとも言います。

このバッキー・ラセックは1972年生まれの今年42歳。ということは...







あのケーリー・スレーターと同い歳なんですね。ケーリーはケリーで、明日から始まるWCTハーレープロで優勝すれば12回目のグランドチャンピオンが決定するという人生の山場にいます。


スケボーもサーフィンも、20代が全盛期のような一般的な印象がありますが、実際はそうではありません。40を過ぎて、ますます円熟みを増している感すらあるではないですか。


同じカテゴリー(サーフスケートのすすめ)の記事
 バックサイドのアップスダウン上達 (2015-08-19 08:45)
 かっこいいサーフィンを目指して (2014-01-02 22:26)
 警告!これでサーフィンが下手になります (2011-10-27 17:29)
 サーフスケートの選び方 (2011-03-25 10:50)


削除
スケボー界のケリー・スレーター