› サーフィン初心者上達の秘訣 › サーフィン大会情報 › オージーだらけのサーフィン世界大会

 

テイクオフ成功の法則

2011年07月25日

オージーだらけのサーフィン世界大会

1日1回ポチッと応援クリックお願いいたします。ネコ
  ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ




南アフリカのJベイで先週開催されたWT第4戦、R4の第3ヒート。ご覧のとおり、メンバーは全員がオーストラリア人です。パッと見、世界大会には思えません。















というのも当然の成り行きでして、世界のサーフィンは今やオーストラリアン主導で動いています。西海岸のアメリカンやハワイアンがサーフィン文化を牽引していた時代は終わっているんですね。


オーストラリアには世界レベルのサーファーを育成するシステムがあって、それはほとんオリンピック選手育成システムと同等レベルのものに見えます。講師には世界トップサーファーであるミック・ファニングやステファニー・ギルモアがいて、強化合宿を定期的に行っています。


ヒートの出場者全員がオーストラリア人というのは見ていておもしろくありません。アメリカンやハワイアンには奮起してもらいたいものです。アンディの死後、特にハワイアンの衰退ぶりは危機感すらあります。















余談ですが、オーストラリア人のことをよくAussie(OZ:オージー)と呼びますね。これは Australian の短縮語だそうで、オージーは日本人と同じく短縮語が大好きなんだそうです。




で、大会の結果はビックリでした。R2で敗退したジョーディ・スミスが敗者復活システムで勝ち上がり、まさかの逆転優勝で幕を閉じるという...いやいや、こんなことってあるんですね~。てっきり調子が悪いのかと思っていたのですが地元開催だけにタダでは済ましませんでした。オドロキ


同じカテゴリー(サーフィン大会情報)の記事画像
おちゃめなマー選手
仙台新港のビッグウェイブは健在!
宮崎で今、サーフィン世界ジュニア大会やってます!
プロサーフィンの鷹 ~ 井上鷹
日本にもサーフィンの神様がいる
スプレーを飛ばして試合に勝つ!
同じカテゴリー(サーフィン大会情報)の記事
 おちゃめなマー選手 (2017-10-22 11:30)
 仙台新港のビッグウェイブは健在! (2017-10-20 14:18)
 チームジャパンは過去最高の3位だったが... (2017-10-04 09:00)
 こういう波がロングボードは楽しい (2017-10-02 09:00)
 宮崎で今、サーフィン世界ジュニア大会やってます! (2017-09-25 08:49)
 種子島で初めてのJPSA大会 (2017-09-23 09:10)


削除
オージーだらけのサーフィン世界大会