› サーフィン初心者上達の秘訣 › サーフィン上達方法

 

テイクオフ成功の法則

2016年11月14日

スプレーを飛ばして試合に勝つ!



昨日の日曜日、私の師匠がやっているサーフショップの大会がありました。




波はこんなかんじ。このショットだけを見れば完璧なブレイクに思えますが、実際にはほとんどダンパー(すぐにクローズしてしまう波)。このサーファーもこのあとチューブに入れずに潰されてしまいました。







白のジャージは青島ポイント前にある民宿みさき壮のマスター(39歳)。赤のジャージはショップライダーの若きエース、TOY君(17歳)。二人はこれからスペシャルクラスのセミファイナルに向かうところ。




ヒート開始のホーンと同時に波に乗ったマスター。この数年でサーフィンがすごく上手くなっています。彼も1本1本の波を考えながら乗っているサーファーです。




しかし、この波ではアッスダウンが精一杯。速いブレイクについていけずプルアウトはこんなダイビングをしていました。その後は波をなかなかキャッチできず、ヒート終了間際にあと1本乗っただけに終わりました。




優勝候補のTOY君はどうかといえば、派手な技をきめることはできませんがスプレーを飛ばすライディングでヒートを終始リードしていました。サーフィン競技ではスプレーが飛ぶ高さと量も重要なポイントになります。

ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ


  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

2016年11月07日

(その2)チューブライドの究極テイクオフ


SQ01


SQ02


SQ03


SQ04


WCTの第10戦、ポルトガル大会のクオーターファイナルで南アフリカのジョーディ・スミスがチューブライディングで10点満点を出したときのテイクオフです。立ったとき(SQ03)にはボードは波の上にはなく、ほとんどフリーフォール(空中落下)しています。

このテイクオフの肝(きも)は、ホバリングする前にテイクオフのアクションに入っているところです。普通はホバリングしてからでないと立てませんが、これは波の巻き上げを利用して立つという神業なのです。

理由はコロヘ・アンディーノと同じく、テイクオフしてそのまま真下に降りたかったから。横に走ってしまったらチューブの深いところにポジショニングできないと判断したのです。コロヘの場合はボードが垂直に立ってしまうリスクを取り、ジョーディはフリーフォールしてしまうリスクを取ったわけです。

ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

2016年11月06日

チューブライドの究極テイクオフ(その1)


SQ01


SQ02


SQ03


SQ04


WCTの第10戦、ポルトガル大会のクオーターファイナルでアメリカのコロヘ・アンディーノが見せた究極のテイクオフです。立つ寸前までノーズをボトムに向けていますが、そうしないとプルイン(チューブに入ること)ができないと判断したからです。

強烈な巻き上げで、足を出す時点(SQ03)ではボードがほとんど垂直に立ってしまっています。これでパーリングしないのですから神業としか言いようがありません。




このあとも数回プルインしましたが、そのときのテイクオフはプッシュアップ(SQ01、02)のときからすでにノーズを横(進行方向)に向けてしました。波のブレイクが速かったので、そうしないとこんどはプルインできないと判断したためです。

チューブライディングをするには、まずはプルインできないと始まりません。これが難しいのです。そしてそれはテイクオフで決まります。波のブレイクの速さ、バレルの大きさ、ショルダーの長さ...などなど、たくさんの情報を瞬時に整理して完璧な態勢を作らないと成功しません。


ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

2016年11月04日

サーフボードはなぜ加速するのか



一見すると、「これはいいな!」と思ってしまいます。そして、「俺も作ってみようかな」と思ってしまいます。しかし、やめた方がいいです。これは実際のサーフィンとはかなり違うし、普通のサーフスケートの方が練習になるからです。




サーフィンが面白くて病みつきになってしまう最大の理由はスピード感です。


波の上を走るサーフボードがなぜあんなに加速するのかといえば、波が押してくれるからというのはもちろんのこと、ボードが水に沈められたことによる反発力が最大の推進力になっているからです。


つまり、サーフボードは水に沈められることによって加速するのです。アップスダウンでは波のフェイスをジグザクに走りますが、あのときボードは沈んだり飛び出したりしながら加速していっているのです。


サーフボードを水に沈めずに、ただその上に立っているだけだとスピードがのっていきません。ビギナーのうちはそれでもじゅうぶん楽しいかもしれませんが、それだと次第に飽きてしまうでしょう。

ポチっとお願いいたします!ネコ
     ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

2016年10月29日

王道のサーフィン



サーフィンに「王道」というものがあるとすれば...


パーコのサーフィンこそが王道と言えるでしょう。冒頭の画像はラウンド3からのクリップですが、この1枚がサーフィンの全てを語っています。


これぞサーフィンであり、サーフィン以外の何ものでもありません。つまり、この動きはサーフィンでしかありえないのです。スノーボードでもなく、スケートボードでもない。




サーフィンにはサーフィン特有の物理法則があります。子供のころからサーフィンをしている人や身体能力が特別優れた人たちはそれを本能で知りますが、私たち凡人はあらかじめ勉強しておくことが大事です。


サーフィンEブックには、私が構築した王道のサーフィン理論を誰にでもわかるように書いています。 
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 20:29サーフィン上達方法

2016年10月28日

サーファーであれば一家に一台

暖冬だと言われていましたが、日本全国どこも寒いです。ここ宮崎も寒く、海の水は冷たいです。しかも、オフショアが強くて波がありません。

だからといって海に入らずにいると、サーファーの体からどんどん離れていってしまいます。私はオーストラリアでの苦い経験(カレントに負けて波に乗れなかった)から、どんな状況でも海に入ることを日課にしてきました。

しかし、そういった苦しい試練を自分に課してしまうと楽しいはずのサーフィンライフが台無しになってしまいかねません。それで試行錯誤の中、考え出したのがミスターパドリングなのです。



ただいまキャンペーン価格です。この機会にご注文ください。⇒ ミスターパドリング販売サイト
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

2016年10月25日

サーフィン中級をめざす人も必見

サーフィン・イメージトレーニングに最適といわれている、スラスター・スケートボードのEブックがついに正式リリースされました。

動画も豊富に用意し、我ながら自信を持ってお勧めできる内容となっております。モニターになっていただいた方々からも大変高い評価をいただいており、サーフィン初心者だけでなく、中級レベルをめざす方にも是非ご覧いただきたいものです。








サーフィンではどんな場合でも体が伸びきってはいけないのですが、それはスケボーでもまさしくそうです。 ボトムを蹴ってトップに上がるとき、最も体が伸びた状態でも、ヒザを軽く曲げて余裕を持たせておかねばなりません。 そうでないと、もはやサーフボードをコントロールできません。


スケボーは波の取り合いがないので、いつでも乗り放題。 アップス&ダウンの感覚を体に覚えこませるには、まさしく”持って来い”です。
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 23:05サーフィン上達方法

2016年10月24日

サーフィンテクニックの集大成です

このブログも6年目に入り、ますますサーフィンの王道に迫ってきています。これもみなさま方のご支援があってのことです。この場をお借りして厚く御礼を申し上げます。そして今後ともよろしくお願い申し上げます。


さて先日のメルマガでご存じかとは思いますが、新しいサーフィンサイトを立ち上げましたのでご報告させていただきます。





サーフィン初心者短期上達マニュアルというタイトルでして...



、このブログとほとんど同じ名前です。中身はと申しますと、つまりはこのブログのまとめサイトです。


自分が過去に書いた記事を読み直してみると客観的な立場で文章が見えてきます。そうするとかなり理解しずらい部分や訂正すべき個所があって、以前からずっと気になっていたのです。


そこで過去記事を全てリニューアルすると同時に、カテゴリー分けもきっちり行いました。また、読者のみなさんからいただいた感激のお言葉やご質問も整理しています。










今後はこのサーフィンサイトをメインとし、このブログはサテライト的に使っていこうと思っています。とはいえ、最新記事はブログにアップしますので、毎日チェックしておいてください。  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 14:47サーフィン上達方法

2016年06月06日

2016年05月16日

2016年05月09日

2016年05月02日

2016年04月25日

2016年04月04日

2015年11月27日

2015年11月24日

2015年09月20日

2015年05月01日

サーフィン水中ビデオ撮影といえば SONY HDR-AS200V



これまでアクションカム(ウェアラブルカメラ)といえばGoPro(アメリカのメーカー)の独壇場でしたが、やっとそのGoProに追いついたものが日本のメーカーから出てきました。それが SONY HDR-AS200V です。

このカメラの売りは高性能のツァイスのレンズ。そして、ホワイトバランス(色調整)の機能がアクションカムで初めて搭載されているところです。さっそく海でテスト撮影をしてみましたが、これはGoPro HERO4 を超えているかもしれません。




  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

2015年04月29日

サーフィンを始めよう!

このページは下記サイトに移管しました。
  ↓     ↓     ↓
サーフィン短期上達マニュアル

  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

2014年12月21日

1本の波に長く乗る方法

このページは下記サイトに移管しました。
  ↓     ↓     ↓
サーフィン短期上達マニュアル









  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

2014年12月17日

ターンで加速するために




このページは下記サイトに移管しました。
  ↓     ↓     ↓
サーフィン短期上達マニュアル




  続きを読む


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 21:02サーフィン上達方法

2014年10月18日

体の柔軟性が高度なサーフィンを可能にする

このページは下記サイトに移管しました。
  ↓     ↓     ↓
サーフィン短期上達マニュアル
  続きを読む


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

2014年08月04日

大野マーが教えるサーフィンが上手くなる方法


大野マーこと大野修聖プロが満を持して発売したサーフィン教材DVD。

大野マーがサーフィン教材を作ったらどんなすごいものができるのか、前から興味があったわけですが...  続きを読む


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 17:04サーフィン上達方法

2014年06月20日

バックサイドのターンとトップアプローチ(その1)

このページは下記サイトに移管しました。
  ↓     ↓     ↓
サーフィン短期上達マニュアル
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 10:00サーフィン上達方法

2014年06月18日

田中英義プロのサーフィン道場

このページは下記サイトに移管しました。
  ↓     ↓     ↓
サーフィン短期上達マニュアル
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 09:00サーフィン上達方法

2014年02月19日

(その2)猫背サーフィンと出っ尻サーフィン

このページは下記サイトに移管しました。
  ↓     ↓     ↓
サーフィン短期上達マニュアル
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 10:00サーフィン上達方法

2014年02月18日

猫背サーフィンと出っ尻サーフィン(その1)



シドニーで開催されたハーレープロ(WQS6スター)で自分のヒートを待つカリッサ・ムーア。まだ20歳前後でこの風格は、すでにハワイの肝っ玉かあさんです。とてもファットなボディに見えますが...


このページは下記サイトに移管しました。
  ↓     ↓     ↓
サーフィン短期上達マニュアル
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 10:00サーフィン上達方法

2014年02月07日

テイクオフで前足をコントロールする

このページは下記サイトに移管しました。
  ↓     ↓     ↓
サーフィン短期上達マニュアル
  続きを読む


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 10:00サーフィン上達方法

2014年02月06日

(その4)サーフィンは特殊なスポーツ

このページは下記サイトに移管しました。
  ↓     ↓     ↓
サーフィン短期上達マニュアル
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 10:00サーフィン上達方法

2014年02月03日

(その3)サーフィンは特殊なスポーツ

このページは下記サイトに移管しました。
  ↓     ↓     ↓
サーフィン短期上達マニュアル
  


応援クリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ

Posted by Tsuyoshi at 10:00サーフィン上達方法